【Jw_cad】使い方

Jw_cad はマウスを使った操作やクロックメニューなど独自の使い方をする機能も多く、初心者の方には難しく感じることがあるかもしれません。ですが、基本的な使い方から順に覚えていくことで、誰でも Jw_cad を使って作図が行えるようになります。
まずは Jw_cad の基本的な使い方からマスターしてスキルアップを目指しましょう。

Jw_cad の基本的な使い方

image

①メニューバー

メニューバーは図面の新規作成や保存、印刷など図面ファイル自体の操作から、Jw_cadで作図を行う際に利用するコマンドのほとんど全てが収納されています。

②コントロールバー

コマンドの詳細な設定を行うときに使います。 例えば線コマンドでは、「水平・垂直」にチェックを入れると直線が作図でき、チェックを入れないと任意の傾きで線の作図が行えます。 選択するコマンドによってメニューが異なります。

③ツールバー

作図や編集を行うためのコマンドが収納されています。 よく使うコマンドだけを表示させるなど、カスタマイズも可能です。

④レイヤ(ツールバー)

レイヤとは、1枚の透明なシートのようなものです。CAD の種類によっては画層とも呼ばれます。 一枚の図面を完成させるために複数のレイヤを重ねて作図を進めることで、後々の編集・修正作業が格段に行いやすくなります。

⑤ステータスバー

ステータスバーには、現在選択しているコマンドに合わせてナビゲーションが表示されます。 CADには多くのコマンドが存在し、それぞれの使い方を把握することはとても大変ですが、ステータスバーの表示をこまめに確認することで簡単にコマンドを使いこなすことができます。

⑥ステータスバー

こちらもステータスバーですが、コマンドではなく作図領域の設定を行います。 それぞれ作図領域の縮尺や倍率を設定します。

作図領域

真ん中のキャンバスが作図領域です。この部分に図面を描いていきます。

Jw_cad の使い方に関する記事一覧

image