Jw_cad のプロテクトレイヤの使い方

作成日:2021.08.12更新日:2021.08.12

image

Jw_cad のレイヤでは、プロテクトレイヤという便利な機能があります。
プロテクトとは「防ぐ」という意味があり、プロテクトレイヤも誤操作等を防ぐための機能です。
この記事ではプロテクトレイヤの種類や使い方を解説します。

目次

Jw_cad で使えるプロテクトレイヤとは

プロテクトレイヤとロックレイヤ

プロテクトレイヤとロックレイヤは、設定したレイヤ・レイヤグループに対して書き込みや編集を行えなくすることのできる機能です。
どちらもレイヤーを保護する機能ですが、プロテクトレイヤとロックレイヤでは作図領域での表示方法に違いがあります。

【プロテクトレイヤとロックレイヤの違い】
プロテクトレイヤ ・・・ プロテクトレイヤに書かれている線や図形の色は変化せず、図形自体に設定されている色のまま表示されます
ロックレイヤ ・・・ ロックしたレイヤに書かれている線や図形はグレーとなります

保護しているレイヤを「色を変えずに表示したい」場合はプロテクト、「グレーで表示したい」場合はロックを使うと良いでしょう。

プロテクトレイヤを使う方法

プロテクトレイヤは2種類の状態が存在します。
プロテクトレイヤの状態は、レイヤ・レイヤグループ番号上に表示される「スラッシュ」または「バツ」の記号でどちらの状態かを判断することが可能です。

表記:スラッシュ

使い方:「Ctrl」+クリック
意味:レイヤに対して表示・非表示が変更できる

表記:バツ

使い方:「Ctrl」+「Shift」+クリック
意味:レイヤに対して表示・非表示が変更できない

▼ レイヤ 0-2 保護中(図面に変化なし)
image

ロックレイヤを使う方法

レイヤをロックするには、ロックしたいレイヤ番号の上で「クリック」を行います。
レイヤ番号が、装飾のない値となったときレイヤがロックされています。
レイヤグループも同様に変更可能です。

▼ レイヤ 0-2 ロック中
image

関連記事

image
image