ポリラインとは?AutoCADで線分や曲線をポリライン化するメリット&方法を解説します

作成日:2021.08.20更新日:2021.08.24

image

AutoCAD で作図を行うとき、線や円弧、矩形など様々なオブジェクトを利用して設計図を完成させていきます。
例えば矩形のオブジェクト。実は同じオブジェクトに見えても「線」で作られているオブジェクト、「ポリライン」で出来ているオブジェクトの2つがあります。これらの違いはオブジェクトに含まれる要素の単位です。
この記事では、ポリラインについての理解を深め、ポリライン化するメリットや方法を詳しく解説します。

目次

image

ポリラインって何?

線分とポリラインの違い

線分は1本の直線で表されたオブジェクトに対し、ポリラインは1本以上の線や円、円弧で構成された1つのオブジェクトを指します。

image

このように1つの矩形を作成してみると、線分は1辺ごとにオブジェクトが独立していますが、ポリラインは矩形全体が1つのオブジェクトとなっています。
更によく見てみると、「ポリラインは1つの連続した線」で作られていることがわかります。

ポリラインのメリット

ポリラインで作成されたオブジェクトは、先ほど例に挙げたように連続した複数の線や円などを1つのオブジェクトとして扱うことができます。
このためオブジェクトを移動したいときや複写したいとき、まとめて選択したい場合などに便利です。
例えば図形単位でオフセットしたいとき、ポリラインであれば図形全体の尺度を変更してオフセットすることが可能です。

image

また、ポリラインでオブジェクトを作成すると、連続した線を1つのオブジェクトとするだけでなく「閉じた図形」として扱うことができます。
閉じた図形となることで、プロパティでより詳しい情報を得ることが可能です。

▼ 線分で作成した矩形を選択しても、別々のオブジェクトとなっているため詳しい情報は得られません。
image

▼ ポリラインで作成した矩形を選択すると、面積や周長まで分かるようになっています。
image

ポリライン化してみよう

ポリラインでオブジェクトを作成する

ポリラインでオブジェクトを作成するには、リボン「ホーム」タブ内にある「ポリライン」を起動します。

image

線分をポリライン化する

線分をポリライン化することも可能です。
ポリライン化することで、複数の線分を結合して 1 つのオブジェクトにすることも可能です。

  1. 「PEDIT」コマンドを起動します。
  2. プロンプト「ポリラインを選択」で、線分を選択します。
    image
  3. プロンプト「ポリラインに変換しますか?」に従い、Enter キーを押下して <はい> を選択します。
    image
  4. 再度 Enter キーを押下してコマンドを終了します。
  5. プロパティで確認をすると、線分がポリラインになっていることが確認できます。
    image

PEDIT コマンドでは線分をポリライン化するほかポリライン同士の結合や開いているポリラインを閉じるオプション、カーブの作成や解除といったようにポリラインを編集することが可能です。
詳しくは他の記事にて解説しています。

image
AutoCAD でポリラインやスプライン、円弧、線分を結合して1つのポリラインを作成する場合、JOIN コマンドと PEDIT コマンドのいずれかを利用します。…
image

この記事は、AutoCAD 体験版を利用して作成されました。


無料で利用できる AutoCAD 体験版のインストール方法については下記をご参照ください。

image
AutoCAD は、国内の CAD 市場でシェア No.1 を誇る2次元汎用 CAD です。2021年6月に AutoCAD のレギュラー版が AutoCAD LT の価格で利用…

関連記事

image
image